先週の月曜日に下社の里曳きが終わり、平成28年御柱祭は終了致しました。
一方、我々の担当する上社の里曳きはGW真っ只中の5/3,4,5に行われました。

以前にも書きましたが上社の場合、山出しは約12kmという長い距離を曳行しなければなりませんが、里曳きは前宮だと1.5km、本宮でも2.5kmと曳行距離が断然短くなります。しかも長持ちや太鼓演奏などが沿道を彩り、そして道幅も広いため観光のお客様も多く、過酷な山出しとは全く異り、里曳きは優雅で華やかな印象の祭になります。

今回、原村は「本宮四」の御柱を担当したのですが、その中でも担当する持ち場が地区ごとに割り振られています。御柱に一番近い「元綱」は、メドに乗ったり左右に振ったりする曳行の中心であり、いわゆる祭の花形ではあるのですが、体力的にはかなりきついです。今回我々の地区がその「元綱」を担当したのが「山出しの木落とし前まで」の長距離区間でした。
それに対してこの里曳きで担当したのは「先綱」。こちらは平和な世界でした。。なんといっても綱を引きながら普通に会話ができます。綱の上に子供が乗って遊んでいます。場所が変わると世界が変わる。ある意味、この世の全ての縮図がここにはあるかのようです。

曳行距離は短い里曳きではありますが、その特徴、いわゆるメインイベントは最後に行われる「建御柱」です。上社の場合は本宮・前宮に各4本の柱を建てます。本宮まで曳行されてきた柱はメドを抜かれ、用意されていた穴の位置に合わせられ、そして「柱の先端を鋭くする「冠落とし」が行われます。

そして準備ができたらいよいよ建てるわけですが、この立ち上がる柱に、ものすごい数の人が奪い合うように乗るんです。このように冠落としをしている最中でも、乗るのに良いポジションを取ろうと柱の周囲は人だかり。。

乗る人員も決まったところで、いよいよ建御柱開始です!
2本のワイヤーを人力で巻き上げ、そして6方向にロープを張ってバランスを保ち、ゆっくりと建てていきます。

なんだか一瞬、芥川龍之介の世界が脳裏をかすめましたが。。

見事、建御柱完成!
そしてこの建御柱の完成を経て、山から運び出した大木は神となるわけです。


ところでこの諏訪大社本宮には本殿がありません。本殿は通常、御神体を安置する場所と考えられますが、こちらの御神体は拝殿の後ろに広がる山であり森であるそうです。
「本宮四」の御柱はこの森の中にたたずんでいます。神事である建御柱の際にはもちろん森の中に入りますが、その森が御神体であるわけですから、通常そこに簡単に立ち入ることはできません。つまり、本宮四の柱のそばに行くことは、数え7年後まで不可能ということらしいのです。せっかく建てたのに残念。。
ただその一方で「本宮四」の御柱は、拝殿などがある斎庭からその姿を見ることのできる唯一の御柱でもあるそうです。


冒頭で『平成28年御柱祭は終了』と記しましたが、実は御柱祭の各地区版である「小宮祭」がまだあります。(諏訪大社が大きな宮、つまり大宮であるのに対し、各地区での神社は小宮ということなのでしょうか。)我々の地区は9月に予定されています。小宮とは言うものの、伐採やメド作りなどの準備は諏訪大社の大祭同様に行うわけでして、人数が少なくなる分こちらの方が大変だったりして。。

ということで、まだまだ祭は続くのであります。




 
今年の「信州諏訪」と言えば。。
そう、御柱祭りです。

正式には「諏訪大社式年造営御柱大祭」というもので、数え7年に1度行われる雄大な祭りです。上社の本宮と前宮、下社の春宮と秋宮にそれぞれ4本ずつ、計16本の柱が建てられます。原村は今回「本宮四」の柱を担当することになり、先日4/2~4に山出しが行われました。

山出しとは、綱置場をスタートし途中で穴山の大曲、木落とし、そして川越しなどの難所を経て、約12kmの先の御柱小屋までを曳行することです。ただ本宮四はスタート順で言うと7番目となり、先頭の本宮一の柱より2,3kmほど後ろからのスタートなので、15kmくらいは曳行しているのではないでしょうか。体はきついです。

上社の特徴は「メド」と呼ばれるV字の角が、御柱の前後に付けられることです。ここに氏子が乗って、このメドを左右に揺らしながら進みます。道が狭いとこのメドを揺らす綱(命と呼びます)を長く広げられず、短くほぼ上下に引かなくてはならず、体がきついです。またメドに乗るのは花形であり非常に華やかですが、実際に長時間乗っていると、体はきついです。

写真は木落とし。4/4は朝から大雨でしたが、本宮四の木落としになる頃にピタッと雨が止みました。ただ、足元はドロドロの田んぼ状態でズルズルと滑る滑る。一瞬メドが倒れましたが、それでも無事に難所をクリアしました。

ちなみに木落としの場所を上から見るとこんな感じです。
こんな近くを特急あずさが通っているんですね。



こちらに移住したのが2004年7月。前々回の御柱祭の年でした。地元のケーブルテレビでは、連日大木を引っ張って練り歩く人々の姿が再放送、再々放送で映し出されていて、これはなんじゃろかと思っておりました。

富士見町から原村に移住したのが2010年3月。その1ヶ月後、土砂降りの中、自宅のすぐ近くを人が乗った大木が通って行くのを1歳のリコマルと一緒に見ていました。

そして今回、初めて氏子として祭に参加しました。
年が明けてからはそれこそ御柱一色。抽籤祈願、メドの伐採、メド作り、メド乗り練習、綱打ちなどなど。祭の当日はそれは華やかですが、それまでの準備はかなり大変なものでした。(もちろん私なんかより大変な人はもっといっぱいいるのですが。。)
でも、この祭の感覚って、実際に参加しないと分からないものですね。祭というものの無い場所で生まれ育った身としては、非常に新鮮で、独特なものを感じ取れました。
ただ、祭の実働部隊である「若者」としてはかなりの高齢の部類に入る身としては、過酷な山出し曳行に伴う全身筋肉痛という洗礼を受けるのは当然のことでございました。また密な接触が多いためか、氏子の間ではこの冬から春にかけてインフルエンザもかなり流行したのですが、ワタクシも2月下旬にA型インフルエンザ、山出し終了後の4月にB型インフルエンザに罹患・苦悶しました。でもまあそれでようやく一人の氏子として認めて頂けたのかな、なんて思っております。


さて、当初はあまり祭に乗り気ではなかったリコマルさんでしたが、4/2の山出し初日、家の近くを柱が通るときに普段着で見物に来たら、友人たちがみんな法被を着て盛り上がっているのを目の当たりに。。
翌日「ど〜しても欲しいんです!」ということで法被を購入し、祭を心から楽しむ姿が見られましたとさ。
祭のある場所で育つ。良いと思います。



現在上社の御柱8本は、里曳きを前に御柱屋敷に安置されています。
この後、上社の里曳きは5/3~5。山出しより曳行距離が短いので、体も何とか持ちそうです。。
距離も短いためゆっくりとした曳航になるようで、勇壮な山出しと異なり、華やかで優雅な印象の祭となるようです。そして最終日の5/5に上社本宮で建御柱が行われます。(前宮は5/4です。)


 
2016年。
既に鏡開きを迎えた今更ではございますが、明けましておめでとうございます。

ひとつ前の記事がほぼ10ヶ月前という、筆不精とかそういったレベルをはるかに超越した放置ぶりを反省し、今年はブログ更新の頻度を「もう少しどうにかならないもんかね」という恥ずかしいレベルから脱したいと思っております。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


それにしても暖かい冬です。どのくらい暖かいのか例えるなら、築140年になるであろうめっちゃ寒い家ですが、部屋でダウンジャケットを着なくても生きていける。築140年になるであろうめっちゃ寒い家ですが、冬にはほぼ毎日している洗濯機の水抜きを、今年はしなくても問題なく動く。築140年になるであろうめっちゃ寒い家ですが、室内犬の飲み水がまだ一度も凍っていない。そんな感じです。

まあ、それでも近いうちにこの暖かさに対する反動が起こり、大寒波がやってくるのか。。或いはこのまま暖かな日が続くものの、暖冬の定番「超ド級のドカ雪」がお約束通りやってくるのか。。このエリアは4月中旬でも普通に雪が降ることもありますので、油断は全くできませんが。。


そんな暖かくて雪の降らない冬ですが、先日今シーズンの初滑りに行ってきました。
at 富士見パノラマ。

ワタクシの学生時代はまさにスキーバブル全盛期。リフト15分待ちとか、板は身長+30cmだとか、ピタピタムチムチのスラロームパンツがオシャレだとか。そんな時代だったわけです。
当時はカッコだけはつけたかったので板は無理して長いものを使っていました。でも、短ければきっと操作しやすく上達もするだろうに、長くて操作しにくい板で滑ることが楽しくなくなり、加えてスラロームパンツだけは、自分の感性上「あり得ない」ものだったため、その後学生時代の終焉とともにスキーから離脱していきました。

時は流れ、移住後に完全オヤジ化した後でスノボにはまったワタクシですが、昨年辺りからスキー成長度が著しく急上昇してきたリコマルを見ていると、オヤジは思うわけですよ。「なんか一緒にスキーしたいかも」なんて。

んで。。
約25年ぶりくらいですが、板を買っちゃいました!
いや〜、それにしても板が短い短い!以前購入したものより40cmくらい短いかも。当時もこんな短い板が欲しかったな〜。
なんて思いとともに、ゲレンデへ。

さあリコマル、行くぞ!
昨シーズンは基本ボーゲンだけど、ターンも問題なくできていたな。
今シーズン初滑りはどうかな?


。。おい、なんか斜滑降させたら、板が揃ってきているんですけど。。

。。おい、スピードも。。かなり速いじゃないか。。

。。おいおい、ターンでも板が揃ってきているぞ!

なんだこの進化は。。。おいおいおい。


レッスンを受けた訳でもなく、前シーズン終了から9ヶ月が経過、もちろんイメージトレーニングなどする由もない。なんでこんなに上達するのか??
子供って凄いな、やっぱり。たとえ何もしていなくても、ただ「経過する時間がすべての成長の触媒」となっているようで。。

一方、オヤジにとって「経過する時間」とは、老化と忘却しか与えてくれないものなのだろうか。。筋肉も。細胞も。。神経も。。。
いくら板が短くなったとは言え、そこにはイメージ通りスキーをコントロールできない切ない現実が。。

夕暮れが迫る。アイスバーンとシャーベットの暖冬のゲレンデで、年齢による「経過する時間」が及ぼす価値と効果というものを、まざまざと実感してしまったオヤジなのでありました。