2019-20シーズン最終日。大雪。

新雪が一面に広がるであろうゲレンデ。

だけどリフトが動いていない。。

さて、どうするか。

 

 

結論。ハイクします。

はい、ゲレンデ登ります。

最終日ということもあって片付けなくてはならない仕事も諸々あり、スタッフルームを出たのは少し遅くam10:00。ボードを抱えて外に出る。それにしても本当に人がいない。。

 

 

 

そこはいつものゲレンデとは別世界。雪が音を食べている。静寂なる白き空間。

だが、この非日常を心から楽しむ時間は意外と少ない。

 

深い新雪、延々と続く登り坂。変化に乏しい客観は、時間の経過を遅らせ、さらに空間を広げるかのような錯覚を引き起こす。故に自然と視線は足元に落ちる。

そこでは足が動いている。わたしの足が動いている。普段は感じない強烈な自己の存在確認という感覚に陥る。

それは時々、かつ突然に始まる。脳が自分の内側に向くことにより感じるこの意識。悪くない。

 

疲れる。しばし足を止める。首を上げふと周囲を見る。

そこには変わらぬ静寂が広がっていることを再度気付かされる。その瞬間、カラダの全細胞が外の気配に支配される。その時、わたしの存在は一瞬消える。この感覚も、悪くない。

 

しかし、このような哲学的世界に身を置いていても、やはりワタクシの煩悩は動き出す。

微妙に鼻水が垂れ、額から汗が滴り落ちゴーグルも曇りがち。そしてヘルメットに重ねたニット帽の下は頭皮からは、おそらく湯気が出ているであろう。そんな自身の見た目をイメージし始める。。50のおっちゃんのリアリティを俯瞰する。。

そう、いつもの感じに戻ります。まあそれもまた良い。

 

 

ブツブツと妙なことを考えながら登坂すると、やがて第1リフト降り場に到着。ファミリーゲレンデ制覇。その周囲に誰かがいる。ジュニアの子供達だ。

ジュニアも本日が最終練習日ということで、取りあえずハイクすることに。でもファミリーゲレンデを滑るということだったらしいのだが、コーチを含めて先行するメンバーが頂上を目指して行ってしまった、とのこと。そう、ここで会ったのは先頭から遅れてしまったメンバーでした。

 

「どうする?」聞く

「できれば頂上まで行きたい」回答

 

マジか。。

正直なところ、ワタクシ自身もファミリーを1回滑れば良いかなと考えていたのだが、ゲレンデ内とは言え子供達だけで頂上までハイクさせる訳にはいかないでしょう。。ということで、ここからはジュニアの選手5名と一緒に頂上を目指すことに。。ふう。

ジュニアとは言え、アルペン用の板って結構な重さがあるんです。しかも頂上に近くなると、雪も深くなり斜面も急に。。自然と子供達の歩くペースは落ち、休憩時間も増えます。

この5人の中に最年少の1年生が1人いたのですが、急斜面でさすがに歩くのが厳しくなったので、スキー板を持ってあげることに。右手にスキー、左手にボードを抱えて頂上を目指します。

 

 

途中、枝が完全に氷結コーティングされ「氷のサンゴ」になってしまった木が。。

そりゃ、リフト止まるよね。納得。。

 

そしてついに第3リフト降り場に到着。パノラマゲレンデ制覇!距離にして全長約3kmの雪深い山を登りきりました!

 

リフト降り場から徒歩5分で車山山頂。そこには車山神社があります。せっかくなので、今シーズンも無事にシーズンを終えましたので、神様にご報告に参りましょう。

到着は12:30を過ぎていました。子供達、頑張りましたー!

 

いつものようにリフトに乗って滑るだけではなかなか感じない、ウインタースポーツの厳しさに気付かされる。自然に対峙するという感覚。畏怖と感謝。

また本来個人競技であるスキー。通常は自らの技術更新が練習のメインテーマだと思うのだが、この日のようにお互いを励まし合いながらゆっくりと歩みを重ねた時間は、いつも以上にチームメイトへの信頼と思いやりという側面も築いたのではないかな。子供達にとっては非常に良い機会でした。

シーズン最後の神様からの素敵なプレゼントだったのかな。なので登って正解でした!

 

それにしても鳥居のこのつららツララ氷柱。

そりゃ、リフト止まるよ。マジで納得。

 

さあ、滑りますよー。この為に登ったのです!

新雪のゲレンデを噛み締めて、味わって滑りましょう。。。

。。って、降りるの約5分でしたね。。そして今シーズンが終わったのでした。

 

 

 

そうそう

『今シーズンも無事にシーズンを終えましたので』と書きましたが。。

2020年3月。肋骨やっちゃいました。。

それはキッカーでこけた時ではなく。それは急斜面を高速で攻めてやられた時でもなく。。

それはただただ普通に滑っていた時。トゥのエッジがいきなり抜けて、そのまま氷の上に体の前面からドスン、バッタリ。そう、まさかの「順エッジ」!

確かにガチガチのアイスバーンではありましたが、車山では言うなれば普通のこと。当然いつも滑っている場所。なので何があったのかしばらく理解ができず。でも10秒くらい動けず。息できず。その瞬間、やっちゃったなという痛み。

肋骨はギプスができないので、バストバンドをつけての生活が4月まで続きましたとさ。。

前回の最後にも書きましたが、3月の車山のことを少し。。

まあ、ほとんどレッスンは入りませんでしたね。そして雪が少なすぎ。。

→結果、悪雪を滑る時間がやたらとできました。ある意味ボードのレベルアップはできました。

 

 

一方でジュニアの大会もほぼ全て中止。車山を含む南信ジュニア三大会も全て中止となり、結局リコマルは今シーズン一度もアルペン大会に出場できませんでした。オガサカ新品で購入したシーズンだったんですが。。

ただ唯一、車山で開催されたクロスの大会「X-HEAT」にスキークロス部門で参加できました。ただ11歳以上はジュニアクラスではなく、大人と一緒のクラスでの出場となるため。。

結果は号泣。。。

でも来年はスノーボードクロスで参加するかも、なんて生意気な発言も。

フッ。まだ早いぜ。オレを超えてからだな。

 

 

 

そんなこんなの3月でしたから、あまり書く内容もないんですよ、と思っていたのですが。

3/29。車山クローズの日です。。

大雪です。。。

こんなゲレンデ、2月に見たかったよー。。いい雪じゃないですか。。

そう言えば、昨年もクローズの日3/31に大雪が降りました。

ただ今年は昨年とは少し違いました。

えーと、リフトが動きません。。

はい、全てのリフトが。。

 

実はこの日の雪、降り始めは前日の夜からだったのですが、当初は結構な大雨でした。そこから急激に気温が下がって雪になったという感じ。なので、リフトが凍ってしまい全く動かせない状況になってしまったという。。そんな状況ですから、朝の出勤時は結構ツルツルでアイスバーン状態の場所も。。結構ヒヤヒヤ。

am8:20、やっとの思いで山に到着。→リフトが動いてないよー。

am9:00、本日の営業中止決定。すなわち今シーズン終了!

 

お客様が少ないこともありますが、判断が早かったですね、今回。

で、どうしますか、今日これから?

 

続く。


昨日今日。寒い日が続いています。

特に昨日は朝8:00に車山に向かう道に設置されている温度計はマイナス13℃でした。。

 

風に舞う粉雪は、結晶のまま舞い降りてきます。

リコマルのハーフパンツにも、かわいい模様がいっぱい。

昨日2/9はジュニア練習が午後からと言うことで、リコマルはこの日の午前中、スノーボードを滑る気MAX!ただジュニアのボーダー女子仲間は本日pmからの練習のみ参加とのこと。

一人でボードを滑るのは淋しい。。。らしいっす。

たまたまこの日はスノーボードのインストラクターがかなり多く出勤。ん、これは本日はレッスン待機しなくても人数足りてます??

 

ということで父はこの日お休みを頂きました!そしてamはリコマルの専属ボードレッスンをすることに!

前日の滑りで、まだまだ固いなあと感じていたのですが、トーションについてアドバイスをしたところ、劇的にレベルアップしました。

おー、何だかそれらしい滑りに!この朝の2時間で一気に進化しました。

 

 

そしてpmは引き続きお休みを頂いたので、ジュニア練習のフルタイムサポートに!

急斜面の不整地「キャプテンコース」を、コーチに遅れまいとぶっ飛ばしながら追う子供達の図。

斜度30°以上あるようなボコボコ斜面を、よくまああのスピードで入れるものだと、オッチャンは感動します。特に今年からジュニアに入った1, 2年生たちの進化は驚くべきものがあります。

 

子供のポテンシャル、凄すぎ。

それを見てるの、楽しすぎ!


本当だったら、明日2/9は白馬岩岳でGS大会が行われる予定だったのですが、雪不足のためキャンセル。そこで車山ジュニアの多くの選手は、本日サンメドウズで行われるGS大会にエントリー。そのため本日の車山でのジュニア練習はお休みに。。

 

リコマルも当初はサンメドウズ大会に行こうかとも思っていたようなのですが、何せこのところスノーボードにはまってしまったようで。。本日はスノーボードdayとすることに決めた、とのことです。

ちょうどリコマルと同学年のジュニアの友人に、同じくボードにはまっている女子がおりまして、本日は二人でボードを楽しもうとなりました次第。しかもこちらのお二人、ボードのレベルもほぼ同じくらい。レギュラーとグーフィーという違いはありますが、一緒に滑るのがメッチャ楽しいようです。

このところほぼ毎週、ジュニア練習後に30分程度はスノーボードを滑っていたリコマル。まだちょっと動きが固いなあ〜とは思いますですが、かなり様になってきました。たいしたもんだ。

レッスンが入らなければ、父も一緒に滑ろうと思っていたのですが。。

土日ですから。。

amもpmもボードレッスンが入りました。

 

結局一緒に滑ることができたのは、朝の30分。

一方のボード女子たちはまるまる1日、スノーボードを満喫したようです。

羨ましい。。。

昨日から専門学校生の団体レッスンを担当しています。スノーボード初心者レッスンです。

こちらの学校も先日同様、2日目の午後からはレッスンではなくフリータイム滑走という日程。ただし本日のamレッスンは3時間という、またしても「ハードスケジュール」。

何だか状況が似ていますね。

 

ただpmからはワタクシも生徒同様にフリータイム滑走だー!

何だか状況が似ていますね。。

 

「トムさん、午後レッスン入れる?ボード初心10名だそうです。お願いしまーす。」

全く一緒じゃん。。。

って言うか、じゅ、じゅうめい〜?マジ?

ハードさがパワーアップしてるじゃん。。

ということで、amは3時間の初心レッスン→pmは10名の初心レッスン。。怒涛の黄金リレーと相成りました。

 

 

その本日のpm10名は横浜から来た、高校の仲良し同級生グループ。卒業を前にみんなでボードを!ということで車山に遊びに来てくれました!正直10名の初心レッスンは体力的にキツい。しかもamに3時間レッスン済み。。

でもね、本当にキラキラしたみんなの笑顔を見たらさ、もうオッチャン嬉しくなってさー。そりゃ頑張っちゃいますよ!

レッスン終了後に「どうだった、ボード?」と聞くと。。

「チョー楽しい!」

「サイコー」

いやいや、こちらこそチョー楽しかったです。もうサイコーですよ、キミタチ!

また是非一緒に滑りたいっス!ホントありがとう!!