昨日2/20で、今シーズンの修学旅行の団体レッスンが終了致しました。雪の少ない今シーズン、まずは予定されていた子供達全てがスキーやボードを車山で経験できたことに、ホッと一安心しております。

 

そんな今シーズン最後の団体レッスンは三重県の高校2年生のスノーボード。女子9名の初心レッスンでした。で、その中にジェリさんという女子がおりまして。。2日目に体調を崩して1日休んでいたため、最終日は他のみんなよりも技術レベルが遅れてしまっていたのですが、最終的には見事なターンをしてくれたジェリさん。そんな彼女が。。

 

「トムさん、私ジェリっていうんです。」

「そうだね、知ってるよー。」

「初めてトムさんっていう人と会ったんですよー!」

「へー。」

「トムとジェリ!」

「。。。おーっ!!」

 

ワタクシもジェリさんという方にお会いしたのは初めてでした。まさに「トムとジェリ」日本初対面!!その記念に一緒に写真を撮りましたが、オッチャンと二人で写った写真をここに晒すのは女子高生にとっては不本意だと思いますので。。やめておきます。

 

 

さてさて、団体レッスンも無事に終了した本日はお休みを頂き。。暴走イシンをスキーに連れて行きました。いわゆる勤務日より疲れる休日。。。そんなイシンに、またまた新しいアイテムを購入して差し上げました。

 

ジャーン!

真新しいGIROのヘルメット!

しかもオサル付き!

 

今までリコマルのおさがりのピンクのヘルメットをかぶっておりましたが、ゴーグル止めパーツが壊れてしまいゴーグルが目に食い込む食い込む。。で、ゴーグルなしで滑っていたら、先日の大クラッシュで目の下をカット。。。

ということで、やはりこれも必要だということになり、金太郎腹掛けに続いてのニューアイテム購入となりました。金がかかりますな。。

今日も相変わらず結構なスピードでカッ飛ばしております。でもブレーキコントロールも何となく自習しているようです。まあ今日も大クラッシュしましたが。。日々進歩中。

前回のスキーで「暴走のちクラッシュ」をくらったイシン。その後ブレーキという意味をようやく理解し、何となく自分でスピードコントロールをするようになったのですが、やはりまだちょっと危なっかしい。また必ず両親二人がスキーで前後にサポートに入るという状況を改善したいかなという思いもあって、新しいギアを購入しました。

 

ジャーン!

スキー用ハーネス。

→別名「金太郎腹掛け!」

こんな風にハーネスにリードをつけて、後ろでコントロールします。基本的にはブレーキのコントロール用なのかなと思うのですが、何度か試してみると、ある程度は左右の方向もコントロールできることも分かってきました。

急斜面ではまだブレーキがぎこちなく、結構後ろで引っ張る場面も多いイシンですが、緩斜面ではリードに全くテンションを掛けずに滑ることができりようになりました。しかも結構好き勝手に左右にターンをしながら。。

すげえな、キミ。かなりの進化だ。

後ろから見ると、こんな感じー。

まさにガツガツした犬の散歩状態ですね。

 

でも集中力はないですね。まあ3歳になったばかりですので当たり前か。。スキー中もすぐ「よそ見」するし。。そして4,5回リフトに乗って滑り降りると、もうスキーにも飽きて。。

ボクはそり遊びに熱中の図。

でもこのハーネスのおかげで一番恩恵を受けたのが、母。

一人がスキーで後ろからコントロールすれば、前をスキーで滑る必要がなくなったので、ボードがやりたくてうずうずしていた母は、満面の笑みでイシンの前をターンしながらご機嫌なのでありましたー。

一昨日の午後、3時間半という「ハードスケジュール」ボード初心者レッスン。

そして翌日、つまり昨日の午前中はその続き。2時間半のレッスン。

スケジュールはハードだったものの、とてもフレンドリーな雰囲気で行われたレッスン、かつ生徒たちも技術習得に前向き。また引率の先生もとっても気さくな方々。

ということで、とても楽しい時間を過ごせました!

でも結構な疲労感。。

 

いわゆる修学旅行でのレッスンの場合、初日pm、2日目all、3日目am、というパターンが多いのですが、この学校は2日目の午後からはレッスンではなくフリータイム滑走という日程。ハードスケジュールで疲労を感じつつも、「終わった!午後はワタクシも生徒同様にフリータイム滑走だー!」と楽しみにしていたところ。。

「トムさん、午後レッスン入れる?ボード初心、お願いしまーす。」

初心レッスンですか、そうですか。。

はいはい、このパターン慣れていますから大丈夫ですよ!

。。とは言うものの、かなり消耗している状態で体力的に最もキツい初心レッスン。。

 

。。そして

pmレッスン終了。ワタクシは抜け殻に変身しました。

「限界です。明日は休みます。」

と宣言をし、実に25日ぶりにインストラクター業を全日休むことにしました。

 

 

お休みの本日、向かったのは。。

車山。。。

やっぱり。。。

 

しかもこちらのお方と。。。

長男イシン。再度車山に見参!

このおちゃらけ坊主、ちゃんとスキーできるのかよ。。

いざゲレンデに出ると、やはりブレーキ拒否症候群。ものすごいスピードでカッ飛ばします。。

そして本日、いつかはやるだろうなと思っていた通り、暴走のちクラッシュ。。目の下に小さなキズを作りました。。

ただこれでようやくブレーキの意味を理解したのか、スピードを落とすことの必要性を、ほんの少しだけですが感じたようです。

 

「痛い目に、あって初めて、理解する。」

 

今後のこちらのお方の人生を暗示しているような、本日の一句。

スキーに飽きたらスノーバイクを楽しみ。。

オープンしたばかりのチュービングを見つけては。。

もちろんトライ!

抜け殻となった中身を充電すべく休みを得たつもりだったのですが、正直休みの日の方が疲れた。。初心レッスンなみに汗をかきました。

 

でもご本人はサイコーだったようですね。

父ちゃんも、チョー疲れたけど楽しかったよん。

でもマジ疲れた。。

 

明日からまた、レッスンです。

栂池から帰還致しました。そして早速車山へGO!

 

本日の早朝は雪が締まった最高のコンディション!急にボードが上手くなっちゃたかのような錯覚に陥るくらいの気持ち良い雪質!

先週末からオープンした38°急斜面にも行きたいし、フリーでガンガン滑ろうと思ったのですが、午前はボード初心レッスンが入りました。

 

で、午後は。。。

ジャーン!

長男イシン、車山に見参!

 

そう、午後はイシンのスキーにお付き合いすることになりました。

 

しかしこちらのお方、とにかくスピード狂のチョッカリ専門家。

どうやってブレーキやターンを教えていくか、全くもってイメージ沸かず。。

まあ3歳になったばかりですからね、言うことなんて聞くわけがありません。

 

スピードが出すぎて危ないので、ワタクシが前に立ってイシンを止めようとすると、

「パパ、どいて」

「だって危ないじゃん」

「危ないのがいいのー」

「止まれないじゃん」

「止まりたくないのー」

 

それでもやはり危ないので、バックボーゲンで先回りして止めようとすると。。

ん〜っ?

「パパどいてー!!」と叫びながら、勝手に右にターンしやがった。。

で、もう一度前に立ちはだかると

今度は「パパ邪魔ー!!」と左にくるり。。

 

勝手にターンしてやがる。。

何にも教える必要ないじゃん。。

これぞ究極のレッスン「パパどいてターンレッスン」

まさに究極かつ斬新。

何なんだ、おぬし。。

3歳1ヶ月の面白いやつです。

1