ご報告です。

 

我が家の長兄でショップの看板犬でもあった「まろ」が

去る2月26日に亡くなりました。

17歳9ヶ月でした。

特に病気があったわけではなく、いわゆる老衰でした。

ただ老いによる腎機能低下の影響が大きかったようです。

ここ1年ほど、衰えたなあと感じてはいたのですが、

それでも死の3日ほど前まではご飯も食べていたので、

本当に突然逝ってしまった感じです。

 

これ、死去する2週間前のものです。

こちらは、5日前。元気だったんですよ。

なんだかいつも、まとわりつかれておりますが。。

 

ずっとマイペースで、のんびりと生きてきた「まろ」

食べることが大好きで、寝ることも大好きで

とにかくおだやかで、争うということは皆無

そんな「まろ」は最期まで「まろ」らしく

誰にも迷惑をかけず

そして静かに

僕の足元で眠るように逝ってしまいました。

最期の顔もハンサム過ぎでした。

 

「まろ」がいなければここに移住することもなかったわけで、

そういう意味では、彼は我々の人生の水先案内犬でしたね。

 

 

今日は四十九日を過ぎて初めての月命日でした。

いい男でした。

新年あけましておめでとうございます。
元来より、気の向くままに不定期更新しているこのブログではございますが、このところその傾向に拍車がかかっている状況でございます。
でもまあタイトルの通り、根っこの深〜いところからお気楽なもので、言い換えれば「お気楽物質の堆積物」或いは「お気楽のミルフィーユ仕立て、山の香りを添えて」みたいなもんですから、引き続き本年もこんな感じで「ゆる〜く」よろしくお願い申し上げます。

さて、昨年末に誕生日を迎えた方がおります。
こちらのお方です。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

早いもので10歳になりました。
相変わらずの「ボール命」ではございますが、以前に比べると息切れするのが早くなった様な気が致します。と言うか、全盛期には「は〜?息切れ〜?それって何?」という感じで、休む間もなくこちらが切り上げるまで延々延々エンドレスでボールを追いかけておりました。それに比べると、いかに野生児とは言え、寄る年波にはなんとやら、ということなのかもしれません。




そんな初老犬のために、犬用ケーキを作って、ささやかなお誕生日パーティーを致しました。


初老とはいえ。。


がっつき方は、相変わらずです。。。




そしてこの日のメインディッシュは牛タン!
正月の買い出しを兼ねて諏訪にある鮮魚店に行ったら、珍しい「冷凍をしていない生の牛タンの固まり」が売られていたのです!
売場でのその圧倒的な存在感。もう私は彼から視線を離すことができなくなり。。そう、キミの瞳に恋してる。(まあ、牛タン様に瞳はございませんが)
やがて好きな厚さに切り、焼き、垂涎している自らの姿を想像してまい。。年末の我が家にお越し頂く運びとなりました。


その大きさにリコマルもテンション↑↑



贅沢に大胆に極厚に切ったタン。
特に根元側は非常に柔らかく、思わず目を閉じて恍惚に浸る美味しさでした。

しかし。。
いつものことですが、食べるときは食べるということしか脳内にないもので。。
やはり今回も垂涎の写真はございません。。ご想像にお任せ致します。

そのかわりに、初老女子のタンをご披露致します。



先日「まろ」が誕生日を迎えました。11歳です。
犬と人間との「標準年齢換算表」によると、小型〜中型犬の11歳は人間の60歳に等しいとのことです。
ただ、何をもっての「換算」なのかはよく分かりません。。


以前軽度のヘルニアを患ったものの、それなりに結構すばやく走れるし、走行中に急なステップをきることも可能。なので、運動能力的には衰えをあまり感じさせない60歳。

また外見上としては、白髪はあるものの少ない方かと。。
ただ、少ないながらもひげや眉毛に混じる白髪の「伸び」は異様に早く、ちょっと放っておくと、すぐにかつての総理大臣の眉毛のようになりかねない。。
それでも全体的に、見た目は結構若く見えるかな、という羨ましい60歳。

ただ、対光反応が鈍かったり白内障の傾向があったりと、身体的観点からは目が少し衰え気味か。。そんな60歳。

一方、精神構造的な面からは、昔っからかなりおっさんっぽい。。。
「我が道を行く」と言うか、かなり頑固だし。呼んでも来ないし。。
イメージとしては「気弱だけど理屈っぽいおっちゃん」って感じの60歳。

そして何より食欲が旺盛。と言うか、食べることしか考えていないような。。
でも一時期8kgに近かった体重も今や5.9kgと、かなり理想的な体系をキープしている。


そんな「まろ」、誕生日はバナナケーキでお祝い。
途中、素早くて図々しい方が、そ〜っとケーキの横取りを狙うものの、意外なスピード感と、食に対する迫力を見せつける60歳。。。









(本文とは関係ないけれど、しかし、長いよなあ。。まろ。。)





こんな風に、とにかく「食べる」ことにのみ執念を燃やす60歳。お察しの通り、基本的にどんくさい犬ではあるのですが、意外にも結構乗り物好きでもあるのです。
彼の乗り物人生はバイクから始まる。。そして車はもちろん、自転車に三輪車。更にショッピングカートにソリにネコ車と、乗りこなすマシンの領域は幅広い。

そんな「まろ」の最近のお気に入りアイテムが、すべり台。
ツツーっと滑り降りる爽快感がなかなかお気に召した様子。。生き生きした表情で楽しんでいるのです。








60歳の生き生きした表情のアップ。。

ひなたでは目の開けられないおじさんが、すべり台滑走時だけは、目をまんまるに見開いております。。
この表情を見ている限り、60歳という部分をそれほど意識することもなさそうな気がします。ただ、目に見えない衰えは必ずあるはずなので、無理はさせないように、おじちゃん犬と楽しんでいけたらと思っております。

でも何より、楽しい趣味ができてよかったのお、おじさん。