師走に入り、小淵沢にも軽く雪が降りました。
日に日に朝晩の冷え込みが厳しくなって来た今日この頃です。赤りんご

2004年7月にスタジオ・トミューをオープン。それまでは千葉県に住んでいました。お店のオープンがきっかけでこちらに移住して来たので、小淵沢での冬は3年目。
初めての冬はとにかく色々な方から『豪雪地帯ではないけれど、とにかく寒くて路面の凍結が多いよ』と教えられ、ビクビクしながら迎えました。雪が降ったらタイヤチェーンというのが常識だと思っていたけど、初めて履いたスタッドレスタイヤの威力にとっても感動!!!
雪が降るので長靴は必需品だと知らされ、「小学生の時以来だなぁ」と膝まである長靴を購入したり、一方ではお天気が良いからと洗濯物を外に干して出掛けたら、バリバリに凍ってたこともあったり。。
毎日見る地元の天気予報の「氷点下15℃」という数字を目にして「こりゃ〜すごい所に来ちゃったなぁ」なんて思ったり。。まぁ初めての雪国(と言う程は降りませんが。。。)での生活にドキドキしたものでした。雪

2年目の冬、もう寒いなりに楽しまなきゃとスキー場のシーズン券を買って、暇をみつけては雪遊び。でも思いのほか雪が降らず、寒いばっかりの冬だったなぁ。
洗濯物が凍ったという去年の反省→洗濯物は毎回家の中に干す→なかなか乾かず。。
結局3日も4日も干されていたっけ。たらーっ

そして3年目、寒さはある程度覚悟できてるし、今年も早く雪が降らないかと冬を楽しみにする余裕アリ。ニコニコ
でもね、毎年思っていたのがこの冬のお布団の冷たいコト。カーテンを二重にしたり、暖かい敷きパットにしたり。。もちろん毛布・羽毛・毛布と3枚重ねで重装備。さらに天然の湯たんぽ=「まろもも犬」を両手に抱えて眠るのだけど、布団に入ってもなかなか暖まらないし、朝は寒くて目が覚める。たまにはお天道様に当てたいなあと思う布団も干せない。凍っちゃうから。。冷え性の私にとってはこればっかりはつらいなぁと思ってました。ムニョムニョ

じゃあ!っと今年は布団乾燥機を購入!!拍手
もうたまりまへん。夕食が終わってから布団乾燥機を「あたため」に設定。30分もするとホカホカのお布団が待っているのであります。ラブ
これってホントに幸せ。さらに一度暖めているから朝も寒くて起きることはなくなり、むしろ汗をかいて起きるという程。しか〜も、ブーツの乾燥ができたり、衣類乾燥もできるっていうじゃないですか。これはここで暮らすには最適だぁ〜〜と遅ればせながら布団乾燥機デビュー!!
ちょっと早めのクリスマスプレゼント「第一弾」でした!おてんき


1