秋もすっかり深まり、朝お店に着くと”落ち葉のじゅうたん”がお待ちかね〜。
紅く染まった葉っぱ達もだんだん落ち始めています。
今朝はちょっと寒いかな?と思う日は八ヶ岳のてっぺんがちょっぴり雪化粧。雪
だんだん冬の訪れを感じるようになった今日この頃です。

しか〜し、冬の訪れなどおかまいなく、食欲の秋がいまだず〜っと継続中の我が家。豚
今年はさんまが大漁だったようで、お求めやすく、何度食卓に上ったことか。塩焼はもちろん、お刺身でも頂きました。何度食べても飽きないさんまの塩焼ですが、たまにはいつもと違う調理法で食べるのもいいなあ。。そんなある日、あるレシピ集に載っていたさんまご飯のコトを思い出し、そしてその日は1尾78円!迷わずさんまを購入しました。魚


さんまご飯の作り方はとっても簡単。お米を研いで、酒、しょうゆ、ささがきにしたごぼうを加えて普通に炊飯。しか〜し、この日家に帰ってごぼうが無いことが判明。。なので今回はれんこんと大根、しいたけを入れました。
ご飯を炊いている間にさんまに塩をふってグリルで焼き、骨とわたを取り除く。ご飯が炊きあがったらさんまをのせて、10分蒸らし、ショウガの千切りを加えてさっくりと混ぜ、小ネギをのせて出来上がり!!拍手
さんまに脂がのっていて、すっごくおいしい。ショウガもきいてご飯がススム、ススム。もちろんおかわりっ!!の店長でした。豚





せっかくなので。。。
作りました、犬用さんまご飯!
2尾買ったさんまのうち、1尾は塩をしないで焼き、小さめに切った人参と大根(れんこんとしいたけは店長のお腹の中へ消えてなくなっちゃったので。。)そしてお味噌汁に使った豆腐を加え、少量のお湯を入れたレンジ釜(耐熱ガラスでできたレンジ用の調理器。ガスで煮るより断然早いので経済的です。)でチン。あとは玄米粥にチンした野菜とさんまをのせて出来上がり!!犬拍手





もちろん、ガツガツのまろももでした。
そんな贅沢な。。。って??確かに旬のものを一緒に味わうっていうことは何よりの贅沢かもしれません。でも、実は2人&2匹の大満足が156円お金!簡単、お手頃でおいしいご飯でした。魚







夏の忙しさを言い訳にまたまた更新が滞ってしまったこのページ。。たらーっ
忙しい時期なのにダイエット生活開始!!な〜んて大きくでてしまってホントの所はどうなの〜?と、もし気にかけて下さった方がいらしたら、このマイペースっぷり、申し訳ありません。。汗

さてさて、その後のダイエット生活は順調に続けており、まろはもとの6.8kgに、ももは4.2kgにすぐに戻り、今もそれをキープしています。拍手
ただ、ここからが痩せない。ってことはこれがベスト体重なのかな?と勝手に思っております。


このダイエット生活を始めるにあたって、私なりに考えたことがあります。

犬その1、「手作り食=大変」だと思わない。
自分達のごはんを作るついで(というと聞こえが悪いかな?)でいいと思ってしまうのです。
例えば、肉じゃがを作るならお肉の脂身の少ない所と、にんじん、じゃがいも(玉ねぎは避けてね)などの野菜を少し小さめに切り、別のお鍋で味付けなしで煮て、冷ました後に玄米ごはんなどにトッピングする。
またサラダを作るならレタス、きゅうりなどを生のままでちぎってトッピングする。これだけでもウチのまろももの満足度はアップです。

犬その2、「完ぺき」を求めない。
手作り食だと栄養のバランスが取れているかが気になる所ですが、自分達が食べているものだって毎日バランスが取れているかと言ったら甚だ疑問です。犬も同じと思ってしまうのです。
与える量についても人と同じ「腹八分目」。もう少し欲しそうかなという量を与え、様子をみました。
また、安心なものだったらレトルトやフリーズドライになったものも積極的に使います。

犬その3、ドライフードを使うことをマイナスに思わない。
自分達が外食に行くこともあります。家でごはんを作れない時はドライフードがやはり便利なのです。


↑ポテトサラダを作ったときに、ゆでたジャガイモをつぶし、
他の野菜を小さく切って、玄米にトッピング。鶏の生肉もおまけしてあげました。。


このようにおきらくでかなりアバウトな手作り食生活、時々ドライフード生活をしておりますが、何よりまず喜んで食べてくれる!ラブあまりごはんに興味のなかった”まろ”がしっぽをプリップリに振って、「今日のごはんは何?」とばかりにキッチンから離れない様子を見ていると嬉しくなるし、楽しんで続けられています。楽しい
そして、マクロビオティックとは何ぞや・・・と、調べてみるととっても奥が深そうですが、自分自身の食生活を見直す良いきっかけとなっているような気がします。見る

以前紹介した「マクロビオティックのワンちゃん用お粥」も入荷致しました。
まろももには本当に大人気ですが、さすがに毎日だとお金もかかるし、、、。汗
ならば玄米を買って、十六穀米を入れて自分で炊いてみようと、ウチで炊いてみていますが、やはりお米の粒の残り方が違うんですよね。これはこれから美味しく炊けるコツをつかみたいと思います。
そんなワケでお粥のレトルトはお出かけの時やたまのごほうびにと便利に使っています。おてんき

店長ナオコの手作り食のススメ。すこ〜し興味を持って頂けましたか?
またウチのまろももに人気のメニューなど、ちょこちょこ紹介していきたいと思います。食事



まろのワクチン接種の為、まろもも揃って掛かり付けの動物病院へ行きました。病院
ウチのイヌ達はとっても健康でいてくれるので、病院へ行くのは年に数回。ワクチンの時とフィラリア、ノミ、ダニ駆除の必要な時くらいなのです。
そんな「健康そのもの」の、まろももですが、病院に行って一番気になるのが体重が何kgになってるかというコト。。家の体重計でもたまに測ってみるけど、やっぱり正確さには欠けるので。
このところ、雨続きでお散歩をサボりがちだったので、何だか重いかな?と薄々感じていました。
それに、ちょうど新作のTシャツが仕上がったので、ももに着せてみたら今までの3号ではパツパツ。試しに4号を着せてみたら何だかちょうどいいんじゃな〜い?
まろも「ちょっと大きめかな〜」と思って最近着せている5号サイズがぴったり!!っていう状況だったので、どんだけ増えていることやら〜。。。とドキドキしながらまずまろから診察台に乗せました。

すると。。。豚

ピピッ「7.15kgですね。」「え〜っつ!!」びっくり
ちょっとまろちゃん、大台に乗っちゃったよ〜なんて思っているうちに、一通り身体の状態を見てもらい、ワクチンの注射も無事に済みました。

おマメで付いてきたももも体重測定と健康状態を診て頂けることに。
さて、ももは何kgになったかな?と乗せてみると、ピピッ「4.7kgですね。」豚と先生。え〜〜〜〜〜っつ、ホントに?びっくり
ということは500gも増えたってこと?
500gのお肉って相当な量だよな〜、ヘルニアにでもなってしまったらかわいそうだし、やっぱり雨でもちゃんとお散歩に連れて行ってあげなきゃダメだったな〜と反省。困惑
お店に行って、ダンナにこの事態を報告し、やっぱり反省。撃沈
あ〜、自分でご飯やお散歩の時間を決めることのできないイヌ達だから、やっぱり飼い主が責任もって管理してあげなきゃダメなのに。。。など考えていました。

そんな所へ、ある商品が配達されてきました。
「マクロビオティックのワンちゃん用お粥」
実は友人の親戚がマクロビオティックに精通していて、マクロビオティックのお米でワンちゃん用にお粥を作ったという話をちょっと前に聞き、すごく興味があったのでウチのイヌ達にもぜひ試してみたいなとサンプルをお願いしていたのです。

このタイミングでそのサンプルが届いたってことは???
やるしかないでしょ、ダイエット!!グッド



以前、ドライフードにはあまり興味のないまろに手作り食をあげていた時期がありました。その時はものすごく喜んで食べてくれたのでストレスなく健康的に痩せたし、何より食材が目に見えるという安心感がある。「手作り食いいかも!」と感じていたのですが、忙しさを言い訳に栄養のバランスも良いしとまたドライフードに頼るように。。。

でも、やるよ〜今度は!
そのマクロビオティックのお粥の力を借りて、まろもものダイエット生活が始まり始まり。拍手



マクロビオティックの詳しい内容は次回に続く〜!


1