10月です。秋ですね。

と言うか、原村の朝はもう何だか冬のように寒いです。。

ブロッコリーとパセリを収穫する手がしびれます。

そして屋外だけでなく、わが築140年の古民家の朝は外気温とさほど変わらず。。

せめて早朝の農作業で寒さにやられた体をせめても温めてあげたい。。

今朝、ストーブに火を入れてしまいました、2016秋。

 

 

 

今月、とある方がふらっとショップにお立寄り下さいました。

是非ご紹介致しましょう。

しっかり写っているのですが、いかがでしょう?

どなたか分かります?

どうやら高いところがお好きなお客さまのようです。

分かりました?

正直なところ、最初は少し大きな綿ゴミか何かかと思ったんです。

で、突っついてみたけれど全く取れないのです。

そしてその時、軽く威嚇された気がしたのです。

脚立に昇って近くで見てみました。

むむ。こ、これは。。

Batma----n !!

何だかとってもふかふかしてる、北国仕様のコウモリさんでした。。

 

夕方など薄暗闇にバタバタ飛んでいるコウモリなどは珍しくもなくどこでも見かけますが、こうして居住しているというか、おくつろぎ遊ばされているというか、こんな姿は初めて見ました。

活動的になるはずの夜になればいなくなるんじゃないかな〜と思っていたのですが、結局一週間ほど、昼夜を問わずそのままずーっと同じポーズでお休みされておりました。そして先日、どこかのハロウィーンパーティーから指名が入ったようで、旅立って行かれました。。

 

 

 

おまけ。

ブログが全く更新できない夏の忙しい真っ只中にも、初めて遊びにいらしてくれたお客様もいらしたので、今更ではありますがご紹介しておきましょう。

刈払い機でウィンウィン草刈りしている時に、目が合ってしまった。

一目会ったその日から。。恋に花咲くこともある。。

それは美しい瑠璃色の貴公子。

ルリホシカミキリというそうです。結構珍しいんだそうですよ。

死んでしまうとこの瑠璃色はすぐに変色してしまうので、標本が作れないことでも有名なんだそう。

しかし、いきもの天国の八ヶ岳で標本は不要。お互い生身で、また来年お会いしたいものです。

コウモリさんも是非またどうぞ。

 

 

関連する記事
コメント
ルリホシカミキリは珍しいですね。コウモリはちょっとすごすぎますが。。すばらしい出会いだと思います。
  • by 巨人
  • 2016/10/20 7:48 AM
巨人殿コメントありがとうござります。

あ、男子2名と野山を駆け巡っている巨人殿にとっても、ルリホシカミキリは珍しいものなのですね!夏の良き出会いでした。

コウモリは夜行性だから夜はどこかへ飛んでいくものだと思っていたのですが、夜も1週間くらいは全く動きませんでしたね。同じ格好でお休み遊ばれていました。そしてやはりコウモリのイメージ通り、ず〜っと下向きでくつろいでいました。秋の良き出会いでした!!
コメントする