徒然犬復活版にもあった「おやき」について。あまり書かないでと自らギャーギャー言った手前、わたくしからまた皆さんにお伝えしようと思います。チョキ

本当に長野に引っ越してきてから初めての「おやき」。長野の名物なのにね。。
諏訪方面に行くと時々寄っていた生産者直売の自由農園。いつも「野菜、安〜ぅ」とそちらばかりを見ていたのだけど、今回たまたま通りの反対側にある(というか、今まで全く気が付かなかった。。)おせんべい屋さんに「縄文おやき」の文字を発見!ちょっと小腹に入れるなら「おやき」いいかもねと早速店内へ。あるあるある〜!!ときめき

色々迷ったけど「しめじ野菜」「かぼちゃ」「なす」「切り干し大根」の4つ購入。(まだまだ種類はたくさんあるんだけど、あったなかでしょっぱめのモノ4つです。)実は冷凍になっていたけれど、今すぐに食べたいと伝えると親切にレンジで温めてくれた。待つこと8分。。。『チ〜ン!!』ウキウキしながら車に持っていく。ジョギング



わ〜い、食べよう食べよう、まずは「しめじ野菜」。ラップを外そうとするが『ウアッチ!』熱くてまず持てない。でもあったかいうちに早く食べたいよ〜、この際ヤケドしたっていいやっと意地で半分に割る!もうこぼれそうな程中身がしっかり入ってる。おいし〜い↑きのこソテーのお醤油味という感じで味がしっかりついているし、皮ももっちりしているけど厚すぎず具とのバランスがちょうど良い!こりゃ〜いいぞ。豚
次は「なす」。『ウアッチ!』またまた熱いが構わず割る。麻婆なすの和風版といった感じでこれは私の中での1番手かも。豚
次は「かぼちゃ」。どっちかと言うと甘いものを想像していたけど、かぼちゃあんという感じではなく、あらつぶししたかぼちゃがちょうど良い塩加減で味付けされ男性でもいけるみたい。豚
そして最後に「切り干し大根」。これはお袋の味というのかホッとする一品。豚
最後もまた『ウアッチ!』と叫びながら割る。すると。。ずっとおいしいニオイだけかいでひざの上で我慢させられてる『もも』の額に「具」がぴとっ!!ごめん、ももちゃん。。撃沈でも面白すぎる。。グッド



どれもおいしく、それぞれの具は「ご飯のすすむおかず選手団」って感じだけど、おやきという形になるとこれがまた新鮮なものだな〜とかなりはまってます。そしてあの「縄文おやき」のおいしさが忘れられずにいると、先日スーパーでおやき発見。しかも半額シールがついている。これは買いだな!ラブ
帰って蒸かして食べてみたけど、、、違った。皮の感じも、具の味付けも。。。これはあの「縄文おやき」レベルじゃなかったみたい。残念。。失恋
しばらく色んな「おやき」試してみます!もしかしたらもっとおいしい「おやき」があるかも。また報告します。見る
豆腐とひじきのハンバーグレシピ

鶏ひき肉  150g
木綿豆腐  150g
にんじん   50g
ピーマン    1ヶ
ひじき(乾燥) 大さじ1
サラダ油   少々
(カロリー 475kcal)


作り方
1、豆腐は水切りをしておく。ひじきは水で戻しておく。
2、にんじんとピーマンをみじん切りにする。
3、ボールに鶏ひき肉、豆腐、にんじん、ピーマン、水気をきったひじきを入れよく混ぜる。
4、3を小判型に丸めて、サラダ油をひいたフライパンで焼く。
 
うちではピンポン球よりやや小さいくらいのハンバーグ15個位になります。粗熱をとって、フリーザーバッグに入れて冷凍保存し、必要量をレンジで温めてあげるようにしています。
フードに混ぜるときはフードを少し減らしハンバーグを1個。玄米ごはんをあげる時は炊いた玄米ごはん50gとハンバーグ2個というようなあげ方をしています。ワンちゃんの体格にあわせて調節して下さい。ハンバーグは少し細かくしてあげると食べやすいようです。

以上、店長ナオコ談



まろ「あれ、ももはハンバーグ+ドライフードなんだね。」
もも「だって、あたちはドライフード以外はごはんだと思えないんだもん!」
  「何か単なるおやつって感じ。。」
まろ「ふ〜ん。」
もも「ところでまだ?いつまでおあずけなのお〜??」


まろ「もも、がっつきすぎだよ。。食べるのが高速すぎて少しピンぼけしてるよ!」
もも「んがんが〜」


最近「まろ」は甘えん坊モード全開ちゃんです。犬

お店にいる時、ちょっと前までは「ボクはいないですから。。」とでも言いたげな様子で、ず〜っと自分の寝床にいたのに。。ほとんどの時間を睡眠の時間に費やしていたのに。。
最近PCの前に座ったり、お客様のワンちゃんと挨拶しようとしゃがんだりすると、「いよっ!待ってました〜!」とばかりに抱っこを要求するようになってきたのです。しかもしばらく抱っこせずに無視をしているとヴ〜ヴ〜唸ったりして。。。(しかもその声がとっても感じ悪い。。)しょんぼり



2年前「もも」を家族として迎え入れた。
もともと甘えん坊の素質は十分に持っていた「まろ」だったけれど、新しく来た「もも」はそれ以上の甘えん坊!そんな「もも」に圧倒され、「まろ」はちょっぴり遠慮せざるを得ない状況になってしまったのかなあ。だって「もも」はストレートに気持ちを表現し、またそれを我々が必ず受け止めてくれるという事をまるで前提としているかのような無謀な勢いでひざに飛び乗ってくる。そんな「もも」をいつもうらやましそうに陰からみている「まろ」。。ぶー

そんな「まろ」がいじらしくて、甘えさせてあげる時間も作ってきたつもりだったのに。。。
とうとう「まろ」の我慢の限界が訪れたのでしょうか?「これって赤ちゃん返り?!」なんて思ってしまう今日この頃です。どうなんでしょうね〜。赤ちゃん