最近「まろ」は甘えん坊モード全開ちゃんです。犬

お店にいる時、ちょっと前までは「ボクはいないですから。。」とでも言いたげな様子で、ず〜っと自分の寝床にいたのに。。ほとんどの時間を睡眠の時間に費やしていたのに。。
最近PCの前に座ったり、お客様のワンちゃんと挨拶しようとしゃがんだりすると、「いよっ!待ってました〜!」とばかりに抱っこを要求するようになってきたのです。しかもしばらく抱っこせずに無視をしているとヴ〜ヴ〜唸ったりして。。。(しかもその声がとっても感じ悪い。。)しょんぼり



2年前「もも」を家族として迎え入れた。
もともと甘えん坊の素質は十分に持っていた「まろ」だったけれど、新しく来た「もも」はそれ以上の甘えん坊!そんな「もも」に圧倒され、「まろ」はちょっぴり遠慮せざるを得ない状況になってしまったのかなあ。だって「もも」はストレートに気持ちを表現し、またそれを我々が必ず受け止めてくれるという事をまるで前提としているかのような無謀な勢いでひざに飛び乗ってくる。そんな「もも」をいつもうらやましそうに陰からみている「まろ」。。ぶー

そんな「まろ」がいじらしくて、甘えさせてあげる時間も作ってきたつもりだったのに。。。
とうとう「まろ」の我慢の限界が訪れたのでしょうか?「これって赤ちゃん返り?!」なんて思ってしまう今日この頃です。どうなんでしょうね〜。赤ちゃん


水曜定休日に車のシーズンイン点検のために諏訪のディーラーへ。
何度か通っているこの道に、どうしても気になるお店があるの。。。
「なとりさんちのたまごや工房」
たまごをイメージしてお店の色合いもたまご色でまとめられている。なんだかすご〜く惹かれてて、以前通った時にも入ろうと思ったのに、定休日だったかもうお店が終わっていたかで残念ながら行けなかった。悲しい

今度こそ!と立ち寄ってみると。。
念願かなって入ったお店の正面には、産みたてたまごや温泉たまごや味付けたまごなど、お店の顔であるたまごさん達。そして奥にはプリン、シュークリーム、ロールケーキなどスイーツちゃん達が並んだショーケース。さらに奥はオムライスなどが食べられるカフェスペース。カフェのイスまでかわいらしいたまご色!鳥



まずはショーケースの中をのぞき込み、即シュークリームとプリンは購入決定!
さて、たまごさん達はと見ていると。。。「味付けたまご」の試食があるじゃないですかぁ〜!
早速試食。。
ちょうど良い甘みと半熟ぐあいがなんともたまらない!!キャ〜これも買いだわ。ラブ

どんどん上がっていくテンションを「またいつでも来られるし」と押さえ、シュークリーム、プリン、味付けたまご、そして何だか惹かれたドレッシングを購入することに。
シュークリームはオーダーを受けてからクリームを入れてくれるとのことで待っていると、ショーケースの横に不思議な楕円形の窓がある。なんだろう?と思って覗いてみるとシューを焼いている。うわあ、早く食べたい!!その演出がまた素晴らしいと感心していると「お待たせしました〜」とご対面!ルンルン気分でシュークリームを受け取りいざ家路へ。車


家に帰ってコーヒーでも入れてゆっくり食べようかと思ってたのだけど、どうにも我慢できず車の中で袋をあけ、とりあえずながめてみる。ごつごつした表面、触ってみるとちょっと固い感じ。
よほどガツガツして、今にもヨダレタラ〜リ顔でいたのでしょう。豚
「そんなに食べたきゃ食べればいいじゃん!」と横から神の声。
「だよね。そうだよね」とにんまり。豚
おっと、食べる前に写真撮っておかないと。。。

そして約1分28秒後にはすっかり胃の中へ。豚
たまごの味がしっかりする濃厚なカスタードクリーム、皮はさくさく。
大変おいしゅうございました。拍手



おまけ
プリンに首ったけな、まろ。犬
うちのお店にはソファーがある。
来て頂いたお客様にくつろいでもらえたら。。ゆっくりお話ができたら。。
そういう思いがあって置いている。ラッキー

それはもちろん人用(何だか変な言い方かな。。)として置いているのだけど、まろももは「ここはボク達の寝床だ!」とでも言いたげなちょっと図々しい顔をして、ぽってりとくつろいでいるときもある。それはそれでOK。君たちも立派に(?!)仕事をしているんだもんね。犬



そんな毎日の憩いの空間を作ってきてくれたソファーが、かなり痛みはじめてきた。
最近に始まった話ではなく、随分前からなんだけど。。。
今まで、ちょっとしたカバーなどを作ってしのいできたけど、いい加減もう限界かな〜。
まあ、それだけたくさんのお客様に来て頂いたんだな〜と、ちょっぴりしみじみ。しょんぼり

買い替えるか。。あれこれネットや通販カタログで調べてみる。
ソファーもピンキリ。けど最低でも3万円は必要な感じ。
加えて今あるソファーの引き取り代。う〜ん、なんだか考えさせられる。
待てよ、カバーを買うという手もあるか。また調べる。
でもうちのソファーに合うサイズのものでデザインが気に入ったものになかなか出会えない。。。くもり

それならカバー作っちゃおう!!
だってソファーは表面の革は剥がれてきてしまってはいるけど、骨組み自体は問題なし。
座り心地や形はとても気に入っているから、これを廃棄してしまうのはもったいなくて。
やるしかない!!と奮起し、まずはシーチングで立体裁断して形を出し、そして実際の生地で微調整を。。。工具



そして。。
我ながらなかなかよくできちゃった!拍手
汚れたら洗えばいいし、今度は違う生地で作ればイメージも変えられる。
満足感、達成感で一杯!やっぱりモノを作るのは楽しいな!ビール