am7:30。

車山へ向かう道中、左折時にブレーキを踏み込むと。。カカーン。

んー?

もしやと思い、左折後の直線でブレーキを強く踏み込むと、やはりカカーン。

そう、ブラックアイスバーンでした。まあ大したことないレベルではありましたが、昨日午後の雨が今朝凍結したようです。今朝はかなり気温が高かったので路面凍結はかなり意外でしたが、安全運転で無事到着致しました。

 

そういう訳で、今朝の雪質は昨日の朝のふかふか新雪とは全く異なるガリガリの氷状態。凍結状態が危険なようで、朝はスポーツマンコースも閉鎖されてしまいました。

1日でこれほどまでにコンディションが変化するというのも、車山らしいと言えばそうかもしれません。しかも今日の日中は4月中旬レベルの陽気になるという天気予報。。ガリガリのちシャバシャバ、が本日の車山ストーリーのようです。

 

 

本日から3日間、車山でスノーボードクロスの大会が開催されています。

つい4, 5日前までは、本当にここにクロスのコースができるのか、ちょっと不安になるような状況だったのですが、降雪担当やコース設計担当の方の見事な仕事により、素晴らしいコースが出現致しました!

 

滑走ワックスの仕上げをする選手の向こうに蓼科山がそびえます。

スタート地点。

急激に降下するセッティング。

そして中間エリアから。。

ゴール地点へ。

実は3/15に同じく車山でX-HEATというクロスの大会が開催されるのですが、そこにリコマルも参加したい(彼女はボードではなくスキークロスでの参加検討中)と申しておりまして、できればレースの様子をじっくり見たかったのですが。。

 

本日もお仕事入りましたー!

愛知からお越しのご両親と5歳の男の子という、ご家族3名のプライベートレッスンです。ということで3日ぶりの日本語レッスン!

今回ご両親はスキー経験があるということでしたので、初めてスキーを履くK君をきっちり仕上げることをメインに、ご両親にも滑りのポイントや今後の練習法をアドバイスするというレッスン展開に。

最初はなかなかブレーキをすることができなかったK君でしたが、午後はリフトにも乗って上手に滑ることができました!

何より5歳児に4時間のレッスンは厳しかったと思いますが、最後までよく頑張りました!

拍手!


やはり今朝の原村は、雨でした。。

しかも結構な降りっぷり。。

リコマル曰く、校庭スケートリンク、終わった。。

 

この雨のせいで流石に山へ向かう足取りは重く。

本日はレッスン待機ということだったので、レッスンが入らなければボードを滑ることもなくさっさと帰ろうかなと思いながら、山へ車を走らせる。すると道中、雨がみぞれまじりに。そして雪に!そして車山の駐車場到着時には、まさに大雪!!

早速ブーツを履き、ゲレンデへ!

パウダーとは呼べない重い雪ではありましたが、それでも20cmほどの新雪が積もっていました。車山でこれだけの新雪を滑ることができるのは非常にまれ。ならば、やはり非圧雪の急斜面「キャプテンコース」に行くしかない!

 

いやー、何ともたまらない浮遊感!トップを上げてテールに荷重するターンが、まるでサーフィンをしているような感覚!(たたサーフィンはやったことないのですが。。)この浮遊感を車山で味わえるとは何ともラッキーな朝!新雪、美味しく頂きました。

正直、もう少し滑りたかったのですが。。

 

昨日の香港の小学生お二人から、プライベートレッスンのご指名を頂きました!

昼前から雪が雨に。。ゲレンデコンディションも悪化してしまったのですが、そんなことこの二人には関係なし!昨日きっちり仕上げておきましたので、本日は山頂にも行ってきました!

また車山に来て、一緒に雪とたわむれましょう!次回はボードかな?

Thanks! See you guys!

今朝は結構冷え込みました。

原村は-8℃。でもまあこれくらいでようやく例年並みなんですよね。。

 

毎朝村の有線で情報が流れるのですが、この朝ついに。。

「本日の早朝滑走はできます。」との放送が!

そうです!

原小学校の校庭スケートリンクが、この冬初めて滑走可能となりました!

例年1月の体育の授業はこの校庭でのスケートとなるのですが、今年は全くリンクができる気配もなく、このまま終わってしまうのだろうと思っていたのですが、ようやく氷結→解禁となりました。でも写真を見ても分かるように、まだまだ頼りない氷ではありますが。。

スケート靴をシーズンレンタルしているリコマルも、今シーズン初のスケート授業を楽しんだようです。ただ明日の原村の天気予報は雨。。果たして。。

 

本日も地元小学校のスキー教室担当。9:00からの開校式に向かおうとしていたところ。。

「トムさん、英語入ったー」との声。。

急遽、香港からのお客様のプライベートレッスン担当に変更となりました。。

良くあることです。大丈夫です。

ただレッスン開始は11:00から。。

OKそれなら、ボード行くしかないでしょ!ブーツチェンジ!

斜度38°の車山名物「スポーツマンコース」を、この冬初めてガッツリ堪能。

八ヶ岳の美しい稜線を眺めながら、コンディション最高の早朝の雪を腹一杯頂きました!

そして11:00からの勤務も、香港から来た小学生兄弟と楽しくレッスン!

初めての雪、初めてのスキーという7歳と8歳のご両人をきっちり仕上げましたぜ。

かなり楽しかったようで「明日もレッスンお願いするかも」と二人のお母さん。

いいですよー。

ワタクシは当然明日も車山におりますよー。

何ならボードレッスンいかがですか?

本日は地元小学校のスキー教室。スキー初心者の5年生10名の担当。

最後は全員、なかなかのプルークボーゲンで滑り終えました。

「もっと滑りたかったー」と言ってくれたのが嬉しいですね。

 

さてスキー教室が終わりましたら、即ブーツをチェンジして。。

ボード、行きましょうー!

レッスンの終わった仲間4名でフリーランを楽しみます。

 

ふと空を見ると。。

ゲレンデ頭上にちょっと変わった虹が。

そしてさらに外側にも虹が!

これ、一瞬でしたがこの外側にも虹があったんです。

それを撮影しようと試みたのですが、ちょっと広角すぎてカメラに収まらず。残念。。

それでも何とか撮れないものかと雪の上に寝転んであれこれしてみたのですが。。。

こういう人、いるよねー。

レインボーバックのYさんでした!(←無許可掲載中)

栂池から帰還致しました。そして早速車山へGO!

 

本日の早朝は雪が締まった最高のコンディション!急にボードが上手くなっちゃたかのような錯覚に陥るくらいの気持ち良い雪質!

先週末からオープンした38°急斜面にも行きたいし、フリーでガンガン滑ろうと思ったのですが、午前はボード初心レッスンが入りました。

 

で、午後は。。。

ジャーン!

長男イシン、車山に見参!

 

そう、午後はイシンのスキーにお付き合いすることになりました。

 

しかしこちらのお方、とにかくスピード狂のチョッカリ専門家。

どうやってブレーキやターンを教えていくか、全くもってイメージ沸かず。。

まあ3歳になったばかりですからね、言うことなんて聞くわけがありません。

 

スピードが出すぎて危ないので、ワタクシが前に立ってイシンを止めようとすると、

「パパ、どいて」

「だって危ないじゃん」

「危ないのがいいのー」

「止まれないじゃん」

「止まりたくないのー」

 

それでもやはり危ないので、バックボーゲンで先回りして止めようとすると。。

ん〜っ?

「パパどいてー!!」と叫びながら、勝手に右にターンしやがった。。

で、もう一度前に立ちはだかると

今度は「パパ邪魔ー!!」と左にくるり。。

 

勝手にターンしてやがる。。

何にも教える必要ないじゃん。。

これぞ究極のレッスン「パパどいてターンレッスン」

まさに究極かつ斬新。

何なんだ、おぬし。。

3歳1ヶ月の面白いやつです。